サンフレッチェ広島 2018新ユニフォーム ホームを発表した。

森保一体制の5年間で3度リーグ優勝を達成したサンフレッチェ広島。

ところが6年目の2017シーズンは開幕から調子上がらず、序盤から降格圏に停滞。最終的には指揮官の交代に踏み切り、ヤン・ヨンソン監督のもとでなんとか15位でのJ1残留を果たした。

クラブは今オフ、新たな指揮官としてFC東京やヴァンフォーレ甲府で実績を残した城福浩監督を招聘。開幕戦では元広島のミハイロ・ペトロヴィッチ監督率いる北海道コンサドーレ札幌とホームで対戦すると報じられている。

サンフレッチェ広島 2018新ユニフォーム

そんな広島が1月10日、2018シーズンの新ユニフォームを発表した。

サンフレッチェ広島 2018新ユニフォーム

ホームはここ2年、濃い紫(紫紺)がメインカラーに採用されてきたが、2018モデルはクラブ伝統の「広島バイオレット」が復活。左右非対称のダイナミックグラフィックを前面と背面の両面に用いたデザインとなった。

有名な「三本の矢」を3本のストライプで表現しており、前面・背面を合わせて計6本が広島市内を流れる6つの河川を表している。

サンフレッチェ広島に関するユニフォーム情報を満載!Sports-instyleへようこそ!

Scroll to top